自己流の対処は回避


自己判断でのトラブル対処はリスクが高いことを理解しておきましょう。まず心がけておきたいのは、むやみにトイレの水の元栓やタンクをいじらないこと。すぐにチェックできる部分だけに、触れがちなのですが、水道管が劣化しているのに気づかず、問題を大きくしてしまうこともあります。

タンクをいじって割ってしまうケースもあり家の中が水浸しになってしまう恐れもあります。
水漏れが止まらなくなったら、元栓を閉めて、すぐに専門業者に相談しましょう。最近では、トイレつまりトラブル対応業者「ライフサポート」のように依頼から30分以内訪問を目標にしている頼れる専門業者もありますので、とくに緊急性の高いトイレのトラブルにはこうした業者に連絡すると良いでしょう。

そして、緊急対処としてやってしまいがちなのが、排水パイプ用洗浄剤を使ってしまうこと。大抵はバス用が多く、トイレ用ではないため、使用しても無駄になってしまいます。トイレットペーパーを溶解できないばかりか、トイレにダメージを与えてしまう可能性があるため、気を付けてください。専門業者が使用しているパイプクリーナーは、業務用で劇薬に指定されているもの。熱を発するタイプがあったり、配管を溶かしてしまったりする恐れもあるため、市販はされていません。仮に手に入っても、扱いに注意が必要です。トイレのつまりが起こったら、何はともあれ、専門業者に問い合わせて状況を相談することが、有効な対処方法といえるでしょう。