専門業者にトイレのつまりについて問い合わせて、アドバイス通りに対処しても、再び流れが悪くなることがあります。その場合、考えられるのは、便器や排水管に詰まっているものが水に溶けないものである可能性です。歯ブラシやボールペンなどがよくある例ですが、ライターや鍵など、男性がよく胸ポケットに入れがちなものがトイレに落ちてつまってしまうこともあります。

ときには、排水管に問題が発生している場合もあります。長期間使用していると、排水管がもともとの形から変形委することがあるのです。段差ができてしまったり、勾配が変化していたりすることも考えられますから、自力で対処できないときに無理するのは禁物です。無理して対処しようとすることで、トイレを故障させてしまう可能性もあります。そうなれば、水回りのトラブル解決以上の費用が発生しかねません。

今後のことも考えて適切な対処をするには、専門業者に早めに相談して、自分で対処できそうもなければ、全面的に業者に任せること。下手に対処しようとして、かえってトラブルを大きくしてしまうと、余計な費用がかかることもあります。水回りのトラブルは一刻も早く解消したいものですから、時短を心がけましょう。