水回りのトラブルが起こったら、まずは自分で何かできることをしてみようと考える人が多いでしょう。場合によっては、自力で対処できる場合もありますから、あらかじめ対処法を頭に入れておくことをおすすめします。

まずは、トイレの汚水ますにスコップなどを挿してみて、排水テストを行った結果、汚水ますの手前で異物がつまっていることがわかったケース。この場合、汚水ますをスコップでガードすれば、異物が流れていこうとするのを食い止められる可能性があります。異物の流れを食い止めるために使用できるのが、ラバーカップ。ただし、ラバーカップを用いると、周囲に水が飛び散りますから、トイレの床をあらかじめカバーしておくなどの準備が必要です。

ラバーカップは、押したり引いたりすることによって、つまっていた異物を動かすのが目的です。奥に進んでしまった異物が便器に戻ってきたら、すかさず異物を回収しましょう。ラバーカップは引く力が強い道具ですから、異物を押し出すためには、ワイヤーブラシが有効です。ただ、素人には扱いが難しいこともあるため、どうしようか迷ったときには、早い段階で専門業者に依頼したほうが、スムーズに解決しやすいのも事実です。