自己流の対処は回避


自己判断でのトラブル対処はリスクが高いことを理解しておきましょう。まず心がけておきたいのは、むやみにトイレの水の元栓やタンクをいじらないこと。すぐにチェックできる部分だけに、触れがちなのですが、水道管が劣化しているのに気づかず、問題を大きくしてしまうこともあります。

タンクをいじって割ってしまうケースもあり家の中が水浸しになってしまう恐れもあります。
水漏れが止まらなくなったら、元栓を閉めて、すぐに専門業者に相談しましょう。最近では、トイレつまりトラブル対応業者「ライフサポート」のように依頼から30分以内訪問を目標にしている頼れる専門業者もありますので、とくに緊急性の高いトイレのトラブルにはこうした業者に連絡すると良いでしょう。

そして、緊急対処としてやってしまいがちなのが、排水パイプ用洗浄剤を使ってしまうこと。大抵はバス用が多く、トイレ用ではないため、使用しても無駄になってしまいます。トイレットペーパーを溶解できないばかりか、トイレにダメージを与えてしまう可能性があるため、気を付けてください。専門業者が使用しているパイプクリーナーは、業務用で劇薬に指定されているもの。熱を発するタイプがあったり、配管を溶かしてしまったりする恐れもあるため、市販はされていません。仮に手に入っても、扱いに注意が必要です。トイレのつまりが起こったら、何はともあれ、専門業者に問い合わせて状況を相談することが、有効な対処方法といえるでしょう。

異物が奥に詰まった場合


専門業者にトイレのつまりについて問い合わせて、アドバイス通りに対処しても、再び流れが悪くなることがあります。その場合、考えられるのは、便器や排水管に詰まっているものが水に溶けないものである可能性です。歯ブラシやボールペンなどがよくある例ですが、ライターや鍵など、男性がよく胸ポケットに入れがちなものがトイレに落ちてつまってしまうこともあります。

ときには、排水管に問題が発生している場合もあります。長期間使用していると、排水管がもともとの形から変形委することがあるのです。段差ができてしまったり、勾配が変化していたりすることも考えられますから、自力で対処できないときに無理するのは禁物です。無理して対処しようとすることで、トイレを故障させてしまう可能性もあります。そうなれば、水回りのトラブル解決以上の費用が発生しかねません。

今後のことも考えて適切な対処をするには、専門業者に早めに相談して、自分で対処できそうもなければ、全面的に業者に任せること。下手に対処しようとして、かえってトラブルを大きくしてしまうと、余計な費用がかかることもあります。水回りのトラブルは一刻も早く解消したいものですから、時短を心がけましょう。

自分で出来る対処法


水回りのトラブルが起こったら、まずは自分で何かできることをしてみようと考える人が多いでしょう。場合によっては、自力で対処できる場合もありますから、あらかじめ対処法を頭に入れておくことをおすすめします。

まずは、トイレの汚水ますにスコップなどを挿してみて、排水テストを行った結果、汚水ますの手前で異物がつまっていることがわかったケース。この場合、汚水ますをスコップでガードすれば、異物が流れていこうとするのを食い止められる可能性があります。異物の流れを食い止めるために使用できるのが、ラバーカップ。ただし、ラバーカップを用いると、周囲に水が飛び散りますから、トイレの床をあらかじめカバーしておくなどの準備が必要です。

ラバーカップは、押したり引いたりすることによって、つまっていた異物を動かすのが目的です。奥に進んでしまった異物が便器に戻ってきたら、すかさず異物を回収しましょう。ラバーカップは引く力が強い道具ですから、異物を押し出すためには、ワイヤーブラシが有効です。ただ、素人には扱いが難しいこともあるため、どうしようか迷ったときには、早い段階で専門業者に依頼したほうが、スムーズに解決しやすいのも事実です。

水回りトラブルの対処法


水回りのトラブルは、頻繁に起こりがちです。毎日使用するだけに、トラブルも発生しやすいのです。水回りのトラブルの中でも、よく起こる可能性が高いのが、トイレのつまり。ここでは、水回りトラブルの対処法について、紹介していきます。

異物が汚水ますの手前でつまっている場合には、ラバーカップを使用して異物を回収することも可能です。必ずしも成功するとは限りませんが、まだ異物が奥に行っていないと確信できるのであれば、試してみるのもよいでしょう。汚水がはねやすいので注意することと、無理して異物を回収しようとしないこと。奥に行ってしまうようであれば、早めに専門業者に依頼する決断をすることも大切です。

長期間のトイレの使用で、排水管が変形してしまうこともあります。自己判断で解決しようとすると、トラブルを大きくしてしまう恐れもありますから、簡単には手に負えそうにないと判断したら、すぐに専門業者に任せてしまったほうがよいでしょう。下手に対処しようとすることで、トイレの破損の原因を広げてしまうことだけは、避けたいところです。

トラブルが発生したときに、トイレの元栓やタンクをいじってしまうことはありがちです。しかし、これらを不用意にいじることで、かえって問題が生じるケースも少なくありません。また、絶対に避けておきたいのは市販の排水パイプ用洗浄剤を用いること。トイレ用ではなく、バス用のタイプを使ってしまうことが多く、トイレの部品に致命的な欠陥を作ってしまいかねません。